🎑十五夜です🎑

お月見は旧暦の8月15日、つまり今日(こんにち)の9月15日に月を観賞する行事で、「十五夜」とも言います。(別名:芋名月)

日本の秋は夜の空気が澄み、月が一番美しい季節なので、お月見にはピッタリなんです。

ちなみに十五夜は毎年日にちが変わります。今年は9月21日、

しかも満月です、ラッキー(●’◡’●)

(十五夜が満月になることは少ないのです)

この日の月は「中秋の名月」と言われますが、「中秋」は

秋の真ん中の日にあたる十五夜のことで、このようにいわれます。

(仲秋は秋の真ん中の月、今の9月全体をさします。)

この日は美しい月を眺めるだけでなく、収穫に感謝してお供え物をします。

お月見団子・・・満月に見立ててお供えします     

ススキ・・・・・稲穂の代わりに。魔除けになるとされていて、悪霊や災いから 収穫物を守り、翌年の豊作を願います

里芋など芋類・・収穫されたばかりの農作物をお供えし、収穫に感謝します

お月見泥棒⁉

昔はこれらのお供え物を子どもたちがこっそり取っても、『お月様がお団子を食べてくれた』と考え、この日は𠮟らない風習があるそうです。

また、お団子を多く盗まれたほうが縁起が良いとされたそうです。

  🌒 🌓 🌔 🌕 🌖 🌗 🌘

お月見は他にも「十三夜」というのもあります。

十三夜(別名:栗や枝豆を供えることから栗名月)

十五夜の後にやってくる旧暦9月13日のお月見のことです。

中国から伝わった十五夜に対し、十三夜は日本由来の風習のようです。

十三夜の月は満月が少し欠けていますが、十五夜の次に美しい月、

今年は10月18日(月)です(❁´◡`❁)。

どちらも晴れてお月見が出来ると縁起が良いとされています。

平安時代から続く「お月見」、今年はお天気にも恵まれそうですので、

ご家族や大切な方とぜひ楽しんでみてくださいね。

CONTACT

お電話はこちらから

0120-020-930 (平日・土曜日 8:30~17:30)

メールはこちらから

メールでお問い合わせ

もしもの時、いつでもご連絡ください。

私たちの電話に繋がらない時は、以下の番号におかけください。
フリーダイヤル 0120-365-110(24時間365日受付) 損保ジャパンロードアシスタンスに繋がります。
担当以外でも社員全員でお守りします!

  • 株式会社柏新商会
  • 株式会社米峰
  • 新・海外旅行保険【off!(オフ)】
  • 乗るピタ!
  • THEクルマの保険
  • マイページ
  • 損保ジャパン
  • 第一生命
  • SOMPOひまわり生命
  • 損保ジャパン入院パスポート
  • 損保ジャパン 移動の保険UGOKU